みらいのカタチ年金保険

日本生命のみらいのカタチ年金保険の説明をします。2012年度より発売された日本生命の未来のカタチは新しい保険のシリーズです。複雑になりすぎた生命保険の内容が手に取るようにわかる保険、それが日本生命のみらいのカタチシリーズです。今回はその日本生命のみらいのカタチシリーズのなかの年金保険について説明します。

 

終身保険など、11種類の保険を自由に組み合わせることができます。年金保険は、老後に備える保険です。それでは未来のカタチシリーズの年金保険の特長を見ていきましょう。

 

一つめは、老後の生活資金を補う、安定した生活を送るための年金を準備できます。二つめは、一般生命保険料とは別に、個人年金保険料控除を受けることができます。三つめは、年金開始前に死亡された場合は、死亡保険金を受け取ることができます。

 

契約時に選択した年金の種類に加えて、年金開始時にも年金の種類や受け取り時期を変更することができます。保険料払込免除特約が付加できます。これは、がんや急性心筋梗塞、脳卒中など日本人がかかりやすいとされる3大疾病になった場合、または、高度身体障害や公的保険で指定されている要介護状態になった場合にそれ以後の保険料の支払いをしなくても良い特約です。

 

みらいのカタチ年金保険の具体例は、30歳で契約して、払込満了が60歳、10年確定年金が年額で72万円です。男性の月々の保険料は16,754円です。女性の場合は、16,725円となります。みらいのカタチ年金保険は、老後に備える保険です。保険金の支払い事由としては、毎年の年金支払い基準日に生存していることで、年金を支払います。

 

年金開始日以降に死亡した場合に死亡一時金、年金開始日前に死亡した場合は、死亡保険金が支払われます。みらいのカタチ年金保険と組み合わせることのできる保険は、みらいのカタチシリーズの中の終身保険・定期保険・生存給付金付定期保険・3大疾病保障保険・身体障がい保障保険・介護保障保険・総合医療保険・がん医療保険・特定損傷保険・養老保険です。

 

年金保険は老後に備える保険です。これに生命保険、医療保険を組み合わせることで、老後の手厚い保障が約束されます。死亡後にも残された家族が受け取れることもできるので不慮の場合も安心です。公的年金だけでは、老後の生活設計を描くことはできない時代になりました。そのために少しでも豊かな老後を送るために、個人年金保険を契約しておくことは人生においてもとても有意義なことだと思います。日本生命のみらいのカタチ年金保険は必ず役に立つ保険です。